健診の重要性について

なぜ、総合健診が必要でしょうか

医療機関(病院、診療所)には、専門分野に特化した治療が求められています。 医学は高度専門分化してきており、医療機関ではそれぞれの疾患に合わせた専門的な治療が提供されています。
一方、疾病が発症する前の段階では、医療保険によるサービスは受けられません。

生活習慣病の対策には予防が重要です

高血圧、糖尿病、高脂血症をはじめとする生活習慣病は発症してからの治療以上に発症を未然に防ぐための予防医学の重要性が認識されています。
すなわち、疾病前の医学的アプローチが必要であり、この手段として総合健診という手法が注目されています。

総合健診は健康状態を的確に判断して、健康へのアドバイスを提供します

総合健診では、専門医による診察、各種血液検査、心電図、超音波検査、胸部レントゲン検査、胃部検査を総合することで、健康状態を判断して、予防医学の視点に立ったアドバイスを提供します。
もちろん、悪性新生物(がん)が疑われる場合には、専門医療機関への連携など、受診者に必要な医学的な支援を行います。


受診者からみた健診の種類

健診は、対策型健診と任意型健診に分けることができます。

対策型健診

事業所や市町村は、それぞれ労働安全衛生法、高齢者医療確保法に従って、健康診断を提供する義務があります。検査項目は、それぞれの法律に従って限定されています。

任意型健診

健康保険組合(保険者)は、法定で定められた項目以上の検査項目を含んだ総合健診、人間ドック、成人病健診を組合員(被保険者)に提供してきました。
その目的は、対策型健診ではカバーしきれない早期の健康異常を発見して、適切な医療サービスを提供することにあります。

総合健診施設とは

任意型健診を高い精度と専門スタッフにより効率的に受診者に提供することを目的とした医療機関です。
専門の学会の精度管理事業や認定基準を満たすことでより高品質な健診サービスを提供するように運営されています。

健診コースの選択に際して

健康保険組合による受診の方に

各々の健康保険組合が健診項目を設定しています。詳細については、健康保険組合にご確認ください。
また、受診時にオプション検査を設定することができます。受診者の健康状態に応じて、詳細な検査を追加することになります。費用負担については、健康保険組合にご確認ください。

個人で受診される方に

人間ドック

関連する学会と健康保険組合連合会で設定した基準項目に従って、健康状態を把握するための標準的な総合健診です。
この総合健診の簡易版が、生活習慣病健診です。検査項目が限定されていますが、40歳未満の受診者を想定して設定されています。


より高度な総合健診

通常の人間ドックには含まれない脳検査(CT,MRIによる)や肺がん発見を目的としたCTや血液検査などを含めた総合健診コースです。
また、女性受診者には婦人科疾患を含めたコースも設定されています。


オプション検査の選択にあたって

受診される方の既往症や家族歴などを総合して追加検査を設定することができます。
詳細は受診時にスタッフにご相談ください。


前立腺検査

50歳以上の男性の方には、血液検査項目を追加します。


頸動脈エコー検査

高血圧、糖尿病、高脂血症などをすでに指摘されている方には、動脈硬化の進み具合を判断するために、頸動脈の内壁の様子を超音波で検査します。