特定健診・特定保健指導について

平成20年4月から特定健康診査・特定保健指導という新しい医療制度が始まりました。この制度は、40歳〜75歳未満の医療保険加入者を対象として、メタボリックシンドロームの早期発見を目的とした健診を行い、その結果メタボリックシンドローム、あるいはその予備群と判定された人に、保健指導(特定保健指導)を実施することを義務づけたものです。
当会各クリニックには、特定保健指導を行なう専門の管理栄養士・保健師が、面談指導からその評価までをフォローアップしておりますので、お問合せください。

特定保健指導の対象者の選び方

服薬中の方は、特定保健指導の対象にはなりません。65歳以上の方は積極的支援に該当する場合でも、動機付け支援の対象とします。

リスクに応じて3グループに階層分け

情報提供 健診受診者全員が対象
生活習慣病の特性や生活習慣の改善に関する基本的な情報の提供
情報提供 リスクが出現し始めた段階
本人が自分の生活習慣の改善点や伸ばすべき行動などに気づき、みずから目標を設定し、行動に移すことができるような支援
情報提供 リスクが重なりだした段階
健診判定の改善に向けて取り組むべき目標、実践が可能な行動目標を本人が選択し、継続的に実践できるような支援

医療法人社団 進興会 特定保健指導の流れ


支援の形態は電話、メール、手紙から選択できます。

ダウンロード

腹囲と体重の変化記録表 

[PDF:134KB]

特定健診・特定保健指導 実施施設とお問い合わせ先

メールによるお問合せは、「巡回健診および法人様お問合せ」をご利用ください。