理事長挨拶

理事長 森山 紀之

近年の疾患、特に成人における多くの疾患は人々のライフスタイル(生活習慣)と密接な関係にあることが多くの研究によってエビデンス(根拠となる事象)として証明されています。がん、心臓病、脳卒中、糖尿病などにおいては、これらの疾患を早期に発見し、早期に適切な治療を行うこと、さらにはこれらの疾患を予防するためにライフスタイルの改善を行うことが、人々が健康で幸せな生活を送るために大切です。

人間ドックや健診においては、ただ単に検査の組み合わせや検査結果の異常にのみ着目するのではなく、健診結果に基づいてライフスタイルの問題点を明らかにし、これを改善することによって多くの疾患を予防することが大切です。がんなどの悪性疾患については、早期発見・早期治療によって治療後の予後の改善のみではなく、治療による身体への負荷の軽減によるQuality of Life(生活の質)の向上が得られます。

私達は、疾患の早期発見・早期治療に努めるとともに、皆さまに適確な健康指導を行うことを常に心がけています。そして、皆さまとともに皆さまの立場に立って「信頼と安心」の医療技術とサービスの提供を行い、健康づくりをお手伝いさせていただきたいと願っております。

理事長 森山 紀之

施設理念

安心と信頼関係、お客様満足の追求
進興会はお客様の「安心と信頼関係」をモットーとし、質の高い医療技術の提供を目指すため、 常に技術研鑽に努め、お客様にご満足いただけるように貢献いたします。

基本方針

  • 健康管理・医療業界におけるトップレベルの医療施設を目指します。
  • お客様の豊かな生活に役立つ健康管理サービスを提供し、魅力ある医療施設を目指します。
  • お客様の知る権利として、健診の結果について納得するまで説明を受ける権利を尊重します。
  • お客様個人の秘密が守られ、個人情報が健診目的以外に使用されない権利を尊重します。
  • 職員の自主性を尊重し、創造力にあふれ、自由な発想をする文化を創ります。
  • 責任ある行動で活気に満ちた風土を創ります。

医療法人社団 進興会

理事長プロフィール

森山 紀之(もりやま のりゆき) 医師
1973年 千葉大学医学部卒業
1986年 米国Mayo Clinic 客員医師
1987年 国立がんセンター放射線診断部 医長
1992年 国立がんセンター東病院放射線部 部長
1998年 国立がんセンター中央病院放射線診断部 部長
2004年 国立がんセンターがん予防・検診研究センター センター長
2010年 独立行政法人国立がん研究センター
がん予防・検診研究センター センター長
2013年 医療法人社団ミッドタウンクリニック常務理事
東京ミッドタウンクリニック健診センター長
2016年 4月より現職
【主な受賞歴】
1983年 がん研究田宮賞
1993年 通商産業大臣賞(ヘリカルスキャンX線CT装置の開発)
1993年 機械振興協会賞
2005年 高松宮妃癌研究基金学術賞
2007年 朝日がん大賞
【出版】
2009年6月 がんはどこまで治せるのか(徳間書店)
【メディア出演・掲載】

BSジャパン「日経プラス10」、テレビ東京「主治医が見つかる診療所」、
NHK Eテレ「チョイス@病気になった時」、フジテレビ「ノンストップ」、
週刊朝日Mook「がんで困ったときに開く本」、サンデー毎日、週刊新潮、
日経エンタテインメント、女性セブン、日経Gooday連載など多数。